光線療法講座in大阪 報告

光線療法講座in大阪 第15回記念大会催が、H29年10月21日(土)大阪市中央区の大阪府社会福祉会館で開催されました。
主催 大阪府療術師会、共催 全療協関西療術師協会
財団認定講習会(オ)に認定
司会進行/薮内先生  座長/三舩先生
会長挨拶 倉津会長
第一部 症例報告:黒野先生
症例1「口内炎と光線療法」
症例2「筋膜リリースと光線療法の相乗効果」
第二部 (財)光線研究所々長 医博 黒田一明先生
「健康寿命を支える可視総合光線療法」

概要
高齢化社会とともに、要支援・要介護の増加。
健康寿命と生命寿命の差、つまり不健康期間が男性9,13年、女性12,68年、人生でゆくと男性11,5%、女性14,7%にも及ぶ。
日本人は生命寿命が長い分、健康格差も大きく、この健康格差を縮小する事が喫緊の課題。
ロコモティブ症候群(運動器症候群)、メタボリックドミノ、フレイル(高齢者虚弱)などの医学的概念の解説の後、
光線療法による多様な有効性を示す症例報告をして頂きました。

 講義の後、質疑応答も受付、一人一人に対し黒田先生から直接有意義な回答を頂きました。
~光線療法は、まさに治療から予防まで幅広く手軽に活用できます。
一方で、特色を持った療法でもあり、高齢化や医療の専門化の流れのなかで、
  光線療法がこれからも広く愛好され、国民の健康維持増進にお役に立てる事を期待致します。
 ・以上定刻過ぎまで熱心なやりとりが行われ、光線療法講座IN大阪 第15回大会も、無事終了しました。
・多くの方のご参加、ありがとうございました。